平成29年12月27日付けで、当院は、国土交通省の短期入院協力病院に指定されました。

 短期入院協力病院は、自動車事故によって、在宅で療養生活を送っている重度後遺障害者の方々の健康維持や、ご家族の負担軽減のため、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)の介護料受給資格をお持ちの重度後遺障害者の方々の短期入院を積極的に受け入れる病院として、国土交通省が指定した病院のことです。

 短期入院協力病院は、平成29年4月現在、全国で166病院、全道で9病院が指定されていますが、十勝地区には指定病院がありませんでした。

 当院では、この事業が公益性の高い事業であり、短期入院協力病院に求められている機能が、①リハビリの提供、②在宅介護技術及びケアの方法の助言・指導など、当院の持つ機能であることから、指定を受けたい旨、国土交通省に申し出て、実地調査の結果、今回の指定となりました。

 今後は、重度後遺障害者の方々やご家族の支援のため、NASVAと連携して、受け入れに努めてまいります。