帯広第一病院で、5月24日(月)に職員と入院患者様の複数名が新型コロナウイルスに感染したことについて、経過をご報告いたします。
これまで帯広保健所指導のもと、患者様と関係職員に対しPCR検査を実施した結果、職員2名と既に退院された患者様1名を含め患者様3名の陽性が新たに確認されました。現在、対策本部を設置し帯広保健所と協力しながら、感染拡大防止に全力で取り組んでおります。徐々にではありますが隔離解除の患者様も増えてきています。
入院患者様やそのご家族様、地域の皆様には大変ご迷惑とご心配をおかけしており、心よりお詫び申し上げます。
このような状況から、外来診療、健康診断と人間ドック、救急患者様受入れ、新規入院患者様受入れ等につきましては、当面の間、停止させて頂きますので、どうかご理解のほどお願い申し上げます。

6月2日(水)時点
・新型コロナウイルス陽性者延数
  計79名(職員12名、患者様67名)
・隔離解除延数
  計6名(患者様6名)

公益財団法人北海道医療団 帯広第一病院
院長 山並秀章