CDS受診予約について

CDS受診予約について

通常の大腸内視鏡検査を目的としたご紹介につきましては、まず受診日をご予約いただき、患者様には一度受診された上で、検査日の決定、既往歴や内服薬の確認、検査食を提供し、あらためて検査にお越しいただくという流れになっております。

当院の消化器内視鏡センターでは、より患者様の利便性に配慮し、紹介元医療機関にて下剤(ピコスルファートNa)を処方していただける場合には、大腸内視鏡検査を直接ご予約いただき、受診と同時に内視鏡検査を行うことができる CDS:Colon Direct System を導入しております。

これにより、ご予約後は当院消化器内視鏡センターから患者様のご自宅へ検査食、ご説明の資料を郵送にてお送りし、検査に備えていただくことになり、受診に伴う患者様のご負担を軽減でき、更に迅速な診断が可能になるものと考えております。

是非、今後の大腸内視鏡検査をご紹介いただく場合は、このCDSをご利用いただけますと幸いに存じます。

CDSご利用にあたりお願い

CDSのご利用には専用の様式3により情報提供いただきます。専用様式に患者氏名、住所など基本情報の他、検査目的、既往歴、内服薬、禁忌例の有無(腸閉塞・強い腹痛・腹満)、今後のポリペクトミー希望の有無についてご記載願います。

また、検査食を郵送するため、ご予約は5日程度先の検査となります。症状などからお急ぎの場合につきましては、地域医療連携室へお電話いただき、受診のご予約とさせていただきます。

  • 患者様の状態によっては適応ができない場合がございますので、予めご相談ください。
  • 下剤処方をお願いできない場合、また病名が確定している患者様につきましてはCDSではなく受診のご予約をお願い致します。

ご予約から検査当日までの流れ

1. 診療情報提供書(予約票様式3)をご記入し、地域医療連携室宛にFAXください。

診療情報提供書(予約票様式3)のダウンロードはこちら【PDF】

  • 患者様の氏名・フリガナ・生年月日・住所・電話番号・既往歴・現在の処方内容・留意事項・備考、患者様の状態は必ずご記入ください。
  • 医師の指名・受診日の希望等がある場合は、ご記入ください。
    変更調整が必要な場合は、ご連絡致します。

2. 診療情報提供書(予約票様式3)のFAXが届きましたら、地域医療連携室よりFAXでお返事致します。
  • 地域医療連携室よりお返事しました受診予約票は、患者様へお渡しください。
  • 受診予約票とともにお送りした検査説明書の流れに沿って説明をお願いいたします。

3.かかりつけ医(紹介元医療機関)にて下剤を処方して下さい。
4. 地域医療連携室より、検査食・案内文を患者様のご自宅へ郵送致します。
5. 検査前日より、検査説明書に従い検査食を摂取していただきます。またご紹介元医療機関から処方された下剤を検査前日夜に服用していただきます。
6. 検査当日は、受診予約票と紹介状(持参資料)と共に正面受付に提示してください。

当院スタッフが各診療科までご案内します。
医師診察後、前処置並びに検査を実施します。

  • 地域医療連携室経由ご予約の患者様は、優先的に診察に入っていただけますが、外来の混み具合によって診察に入るまでお待たせする場合がございます。
    最善の配慮を心かけておりますが、ご了承いただけますようお願い致します。

CDS費用

患者様には保険診療に係る自己負担のほか以下の費用を別途ご精算いただきます。
検査食(送料込) 1,782円(うち消費税額132円)
なお、お電話にてご予約もお受けしております。

予約連絡先

帯広第⼀病院 地域医療連携室
フリーダイヤル0120-558-091
FAX (0155)27-0248

ご不明の点などございましたら、当院地域医療連携室までお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498