入退棟基準

緩和ケア病棟

入退棟基準

緩和ケア病棟では下記の基準に基づき患者様のお受け入れを行っております。

入棟基準

  1. がんによる身体的・精神的な苦痛を持ち、緩和ケアが必要と診断されていること
  2. 緩和ケア病棟の役割や入退棟基準を理解したうえで、患者様とご家族様、またはどちらかが入院(棟)を希望していること
  3. 入院時に患者様が原則として病名、病状について理解していること
    ※重度の認知症など理解力が極端に低下している方は除く
  4. 患者様が病状を知りたいと希望があり、医療者が伝える必要があると判断した場合には、本人に対して適切な病状の説明を することをご家族が了承していること
  5. 入院が長期化した場合、長期化する可能性が高い場合、院外での生活が十分にでき得ると判断された場合は、入院継続の可否について検討することもあること
  6. レスパイトケアのための短期入院

※上記の基準に基づいて緩和ケア病棟の入棟について判断を行いますが、最終的な入棟の可否は、入棟判定会議の結果で決定することとなります。

退棟基準

  1. 患者様またはご家族様が退院を希望され、退院可能な環境が整えられていること
  2. 苦痛症状が緩和され、病状が安定したとき
  3. 悪性腫瘍以外の治療を優先する必要があるとき
  4. がんに対する積極的な治療の再開を希望しているとき
  5. 暴言・暴力行為など、他の患者さまの迷惑となる言動・行動が続いたとき
  6. 入院での治療が必要ないと判断された場合
  7. お亡くなりになったとき
PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498