写真:勝山 衛さん(幕別町在住)

外の日差しが和らぐ日が多くなってまいりましたがインフルエンザの感染はまだ衰えていないようです。バランスの取れた食事を心がけ、感染症に負けない体を作りましょう。

今日は話題の「味噌」をとりあげてみます。

味噌の効用

日本独自の調味料「味噌」が健康に良いと見直されています。さてどんな成分が含まれているのでしょうか。

みその主原料である大豆は、良質の植物性たんぱく質を多く含みます。みそは「発酵」によりアミノ酸やビタミンなどが多く作られます。大豆のたんぱく質が加水分解されるとアミノ酸になり必須アミノ酸9種類がすべて含まれる優秀さ。その他ビタミン、ミネラル、食物せんい、炭水化物など多くの栄養素を含み上手に利用する事で健康食品と言っても良い優れた調味料です。気になる塩分も野菜をたくさん入れることでカリウムという栄養素が塩分の吸収を防いでくれます。またイモやゴボウなどを具に使う事で食物せんいの働きも同様ですので具だくさんの汁を美味しく頂いてください。

食物せんいが豊富な
エリンギと豆腐

材料・栄養価
【材料】
(2人分)
豆腐 120g
エリンギ 大1本
キャベツ 120g
ネギ 1/2本
人参 20g
炒め油 適宜
味噌 小さじ2
だし汁
【栄養価】
(1人分)
エネルギー 102kcal
たんぱく質 6.5g
塩分 1.0g
食物せんい 3.0g

意外なのに美味しい
トマトとチーズ

材料・栄養価
【材料】
(2人分)
かぼちゃ 100g
トマト 中1個
ウィンナーソーセージ 3本
スライスチーズ 2枚
味噌 小さじ1強
八丁みそ 小さじ1/2
だし汁
【栄養価】
(1人分)
エネルギー 205kcal
たんぱく質 8.7g
塩分 1.0g
食物せんい 3.0g