地域貢献を目指した節電への取り組みについて

地域への貢献について

地域貢献を目指した節電への取り組みについて

 平成24年7月23日、北海道電力より7%の節電要請が発せられました。当法人グループ4施設については、幸い節電対象より除外されましたが、地域で計画停電が実施された場合、多大な混乱が生ずることから、地域貢献を目的に法人全体で10%の節電を目指し、これまで取り組んでまいりました。

 最初に昨年度の事業計画で法人全施設の照明をLED化することが決まっており、平成24年7月9日から8月8日までの1か月間で、3,800本の照明をLED化しました。これによる節電効果は6.5%と試算し、総事業費は2,800万円となりましたが、3分の1は国の建築物節電改修支援事業費補助金を活用しました。

 次に、各施設では節電ポスターを施設内に掲示、患者様や来院者へのご理解を求めながら、廊下やロビー照明の一部を消灯、事務室でも応接は未使用時消灯、日中誰もいない医局内も消灯するなど、地道な取り組みによって平成24年7月から平成25年8月までの1年間における節電実績は2011年比で9.6%、2012年比でも7.6%を達成することができました。

 本年7月からは節電第二段階と位置付け、法人全体で2012年比7%、2013年比3%の節電を目標に取り組みをスタートしております。

 安倍政権が原発推進政策を進める中、未だ再稼働については不透明感があり、今後も節電要請が発せられる可能性は十分あることから、電力という貴重なエネルギーを大切に使用し、公益財団法人としてより一層の地域貢献を目指したいと考えております。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498