平成30年12月8日(土)午前9時より帯広西病院第3回ふれあい健康セミナーを開催致しました。

 このイベントは地域に根ざした病院でありたい・・という想いから、3年前から病院がある町内会の皆様を中心にご参加頂き企画開催させて頂いており、今年で3回目となりました。今年は12月開催となり前日に雪が降ってしまったため、足元が滑る寒い中ではありましたが、約30名の方々にお越し頂きました。

健康診断、栄養相談

 まずは健康診断でメディカルチェック。身長、体重、血圧、血糖を測定し、骨密度測定、聴力検査の他、時間の関係で全員には実施できませんでしたが、動脈硬化検査も行いました。3回連続参加してくれている方もいらっしゃり、過去データを持参されて比較する方や、初めて動脈硬化の検査をされた方など、皆様一喜一憂しておりました。

 また、健康診断の合間には、管理栄養士による栄養相談コーナーも設け、きちんとした栄養の取り方や病気対策としての食事など、日常のささいなお悩みも含めて受けておりました。

リハビリ体操

 毎年皆様に楽しみにして頂いているリハビリ体験コーナーです。帯広西病院はリハビリに力を入れている病院ですので、今年はリハビリセラピストによる「腰痛予防体操」を行いました。腰痛の仕組みから勉強し、腰痛を防ぐ運動などを勉強して頂きました。

医療講話

 セミナーの締めくくりとして、今年は本年1月より帯広西病院院長に就任頂いております、高橋邦康院長より「上手な病院のかかり方」と題して講演頂きました。講演では皆さんが病院にかかった際に、情報の取り方や伝え方など医師と患者がよりよい診療をすることができるようになるためのコツ!などを伝えて頂きました。

まとめ

 今年も皆様に喜んで頂きながら開催することができました。3年連続来院された方も多数おりますが、初めての方からも「来年も楽しみにしています」とお声がけ頂き、非常にありがたく思っています。来年はもう少し早く雪の降らない時期に開催したほうがいいかな・・と思いつつ、これからも、「地域の町医者」となれるよう、皆様の身近な病院を目指します。

 ご参加頂きありがとうございました!