当法人介護老人保健施設とかちで、11月20日(金)に職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しましたので、ご報告いたします。
当該職員につきましては、同居家族との濃厚接触者として検査を行い、陽性が確認されましたが、症状は出ておりません。
施設では、当該職員が濃厚接触者であることが判明した11月19日(木)の時点で、速やかに施設内消毒を実施し、療養棟入所者様や職員の体調確認も行っており、特に問題はございません。
帯広保健所による調査結果で、療養棟入所者様及び職員には当該職員との濃厚接触者はいないとの判定になり、職員の出勤制限等は不要となっております。
ただし、感染拡大防止のため11月24日(火)職員と療養棟入所者様に対するPCR検査が行われております。
この度は、施設ご利用の皆様、並びに地域の皆様には大変ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。引き続き、感染管理の徹底に努めてまいります。

公益財団法人北海道医療団
理事長 小林光樹