8月6日(日)今年で21回目となりました老健とかち夏祭りを開催しました。
今年の模擬店メニューは焼きそば、カレーライス、ミニドーナツ、フルーツポンチです。その他にも無料で綿アメ、かき氷、ジュースもご提供しました。

そして去年に引き続き、森川施設長がシェイカ―を振ってつくるノンアルコールカクテルも大変好評で、100杯以上つくりましたが、あっという間に完売となりました。

余興では十勝駒踊り保存会の皆様が駒踊りの演舞を披露してくださいました。

外のゲームコーナーではスマートボール、射的、ヨーヨー釣りが行なわれ、ご利用者は勿論、チビッ子たちにも楽しんでもらえたようです。

外に出ない方たちには、職員がピアノ、エレクトーン、リコーダー、和太鼓を使って曲を演奏。懐かしい曲にご利用者、ご家族、職員で一緒に合唱しました。

最後の曲で「北海盆歌」がかかると“老健とかちのお祭り男”高橋介護士長が突然男性ご利用者と一緒に前に出て盆踊りを始めました。

すると他のご利用者や職員も一人増え、二人増え・・・最後は輪になって盆踊りを踊り、第21回老健とかち夏祭りのフィナーレとなりました。

夏祭りを通じて、ご利用者、ご家族、職員も皆のいい笑顔を見ることができました。

当日参加していただいた約120名のご家族の皆様、暑い中汗だくになって演舞を披露して下さいました十勝駒踊り保存会の皆様、毎年夏祭りに駆け付け作業を手伝って下さるボランティアの皆様、ご協力有難う御座いました。

老健とかち職員一同、心より感謝申し上げます。