毎月、老健とかちでは様々なテーマで職員を対象に施設内研修を開催しています。1月は「接遇向上研修」、2月は「口腔ケア研修」を開催しました。

1月の「接遇向上研修」の風景

 「接遇向上研修」では講師に(株)北海道医療情報サービスの荻原今日子さんを招き2日間の日程で行ないました。講師の講義の後にグループに分かれ「理想の施設とは」「その施設に近付けるには」をグループワーク形式で話し合い、最後に発表をしました。

2月の「口腔ケア研修」の風景

 口腔ケア研修では主に嚥下(飲食物を飲み込むこと)について学び、熱い飲み物と冷たい飲み物を実際に飲んでみて喉の動きの違いを体感しました。その他にも舌を一切動かさず飴玉を舐め味がするかなども実験しました。

 これからも様々な研修を開催し、より良いケアを提供できるよう努めてまいります。