こんにちは。老健とかち支援相談員の大野貴矢です。今回は私の所属部署である「相談室」の紹介をします。「相談室」は私(写真左)と上司である山形係長(写真右)の2名で構成されています。支援相談員は、入所や通所のサービスをご希望されている方の相談窓口となり、適切にサービスが提供されるまでの一連の支援を主な業務としております。またサービスが開始された後も、ご利用者・ご家族のご希望やご相談をお受けし他部署や関連機関と連携を取りながら継続的に支援しております。

 介護サービスを必要としている方やそのご家族の多くは、様々な困りごとや不安を抱えています。私たちは相談援助の専門職として「どんなサービスをどのように利用すればいいの?」「どのくらいお金がかかるの?」などといった不安やお悩みに対し、必要な情報を分かりやすく説明し安心してサービスを利用できるよう支援する役割を担っております。

 介護に関する困りごとやお知りになりたいことがございましたらお気軽に私たちまでご相談ください。まだまだ未熟で日々勉強の毎日ですが、これからも相談室、ならびに「老健とかち」をどうぞよろしくお願いします。

 なお私事ではございますが、花嫁募集中でございますのでそちらのほうも併せてよろしくお願いいたします。