毎月行なっている施設内研修会ですが、8月は音更消防署のご協力のもと「ハイムリック法と救急救命」というテーマで、60名程の職員が参加しました。ハイムリック法とは、のど詰りを起こしたときに介助者が後ろから手を回し、みぞおち辺りを圧迫し異物を取り除く手法の事です。

まずは消防署員のお手本を見せていただき次に人形を使って当施設職員も実践!!

その他にも「背部叩打法」という背中を叩いて異物除去をする方法も学びましたが、人形相手ではなく消防署員の背中をお借りし行なったところ・・・少々強すぎたようです。

更にはAED(自動体外式除細動器)を使用した心肺蘇生法も学びました。いざという時に備えこれからも定期的に救急救命研修会を開催していきたいと思います。音更消防署員の皆様、ご協力有難う御座いました。


9月9日は「救急の日」

音更消防署では「救急の日」に合わせ普通救命講習を開催するそうです。
時間は13:30~16:30の3時間で定員は30名。
この機会に救命の知識と技術を身に付けてみては如何でしょうか。

お問い合わせは
音更消防署 救急係 TEL:0155-30-3322