11月28日 当施設では2回目となる防犯訓練を開催しました。

 今回は事務所受付に強盗が入るという設定で行ないました。強盗役は当施設職員が行なったのですが、事務職員には緊迫感を出すために誰が強盗役になるかを前もって伝えずに行ないました。

 前回の防犯訓練で帯広警察署員から学んだ防犯に対する知識と、一昨年導入したセキュリティーシステムを活かし、ご利用者と職員の身の安全確保を優先し対応することができました。

 最後に警察役である佐藤事務長に犯人や逃走に使用した車両の特徴を正確に伝え、防犯カメラの録画映像にも訓練の一部始終が鮮明に記録されていることを確認しました。

 今後も繰り返し防犯訓練を実施していきます。