1月29日 朝に降っていた雪も止み外は強風が吹いています。3階の窓から外を見ると、職員駐車場後ろの空き地に何やら白い塊が無数にあることに気付きました。どうやら雪のようですが一体誰がこの多量の雪玉を作ったのだろう?

 不思議に思い外に出て空き地に行ってみると・・・

 雪が強風で転がり自然に雪塊ができたようで、雪塊の後ろにはどれも転がった跡が付いているではないですか!! 転がるうちにどんどん大きくなっていったようで大きなものは直径30cm程ありました。

 気になったので調べてみると、この自然現象は「雪まくり」と言って本来は山などの斜面で雪が転がって渦巻き状に雪塊ができることがあるようです。しかし、このような平地で出来るのは珍しいようで、幾つかの条件が重なった時にしかできない気象現象とのこと。

 ご利用者の方々にも見てもらおうと思いましたがあまりの強風に断念。せめて写真だけでもと思い撮影しました。