男性ご利用者と男性職員が協力し木工作業をする“とかち工務店”に2階療養棟から製作の依頼がありました。そこで7月8日、3階入所者の堀江さんと一緒に外に出て作業を行ないました。

 堀江さんは酪農業を営んできましたが、自分で物置や馬小屋なども建ててきたとのことで、大工仕事はお手のもの!! インパクトドライバーを上手に使いビスを打っておりました。

 あっという間に形になってきました。なかなか大きなもののようです。

 ところでこちらは何を作っているのかと言うと・・・まだ秘密です。

 今回のとかち工務店の作業はここまで。これからは木工作業ではなく繊細な素材の材料を使う細かな作業になるので女性入所者と女性職員にバトンタッチし続きの作業に入ります。

 さてさて何が完成するかお楽しみに~!!