1月15日、老健とかちで新年会を行いました。

 まずは淵上施設長の挨拶で始まり、恒例の獅子舞が皆さんの中を練り歩き、頭を噛んでもらいご利益を願いました。

 獅子舞が頭を噛もうと大きな口を開けると、口の中に見覚えのある顔があったと盛り上がりました。ちなみにこの獅子舞は過去に職員が作った老健とかちオリジナル獅子舞です。

 お次は餅つきです。途中、職員の手を杵で付いてしまうハプニングもありましたが、怪我もなく大変盛り上がりました。

 最後に、これもまた恒例となった職員の二人羽織です。

 今年は施設管理職員の師弟コンビがペアとなり、お化粧と飲食に挑戦です。ちなみに前が後輩職員、後ろの手だけの役が先輩職員で躊躇なく豪快に化粧をしておりました。

 化粧の後はホットドッグを食べることに! ケチャップとマスタードをたっぷりと掛け、豪快に口の中へねじ込んでいます。化粧だけでも酷い顔になったのですがホットドッグのケチャップも加わりご覧の通りの“いい男”に!!

 会場は終始笑いに包まれ爆笑新年会となりました。