院長挨拶

院長挨拶

 音更病院は、緑陽台地区に昭和62年に開設されました。現在は長期医療療養型病院として急性期病院での治療を受けた後に慢性期となったり、あるいは慢性疾患を患い医療に伴う介護が必要となった患者様やご家族様が安心して入院療養生活が送れるように医療サービスを行っております。

 入院されている方の多くは体の移動が困難な場合が多いため、浴場施設は横になったままの状態で入浴出来るように配慮されております。また、自前で十勝ならではのモール温泉を有しているため入院生活を送る患者様に提供させてもらっており、充実した生活環境になるように努めています。

 外来診療では皆様の家庭医となるように、患者様並びにご家族の健康の相談にきめ細かく対応する他、病気の予防とくにインフルエンザや肺炎球菌のワクチン接種等にも積極的に対応しております。

 また、生活習慣病の予防や改善に向け健康診断を行い、病気の早期発見や治療に結びつけられるよう管理栄養士とともに栄養指導などのサポート等を行い、地域の皆様に貢献して行けるよう心がけております。

 少子高齢化社会を迎え医療の需要はますます高くなっております。これからも地域医療連携システムなど積極的に参加し、地域住民に親しまれ、信頼され愛される病院を目指して行きたいと考えております。

 そのためにも当院で定めております理念、基本方針に基づき、私たち職員一同は皆様を満足させ安心させられる医療を目指して、より一層の研修・研鑽に勤め、医療・看護・介護のレベル向上に励んで参りたいと思っております。

 今後ともよりいっそうの心のこもった接遇などを果たして行く所存でおりますので、どうぞよろしくお願い致します。

掲載日:平成28年4月1日
音更病院 院長 守屋 至

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498