入院の手続きについて

入院の手続きについて

手続きに必要なもの

1階受付窓口へ提出していただくもの

  • 入院申込書兼誓約書(押印したもの)
  • 健康保険証・介護保険被保険者証
  • 各種公費証
※夜間、休診日は1 階時間外救急受付にご提出ください。
※入院申込書兼誓約書の記載には連帯保証人が必要となります。(該当する方がいない場合は提出時にご相談ください)
※健康保険証等の提出が遅れますとその間は自費扱いになりますので必ずご提出ください。

看護師に渡していただくもの

  • 患者基礎情報(事前に記載していただいたもの)
  • 各種手帳・カード(ペースメーカー・シャント・ポート留置等)
  • 現在服用中のお薬(持参薬)
※お薬の内容を主治医が確認し、必要なお薬については入院後も引き続き服用していただきます。ただし、主治医が不要と判断したお薬については、廃棄させていただく場合もありますので、ご了承ください。ご持参いただいたお薬がなくなりましたら、当院にて引き続き同じ効能のお薬を処方させていただきます。なお、お薬の種類によってはかかりつけの医療機関へ受診していただく場合もございます。

入院の際に必要なもの

病衣・タオル・オムツ等の有料サービスについて

当院では、院内感染防止対策等の観点から、病衣・タオル・オムツ類を専門業者に委託しております。これらのサービスでは入院に必要な日用品も用意しております。

これらの有料サービスを利用されない入院患者様には、院内感染防止対策上、下記を厳守してください。

  • 病衣については、洗濯し乾燥した状態の病衣を、常に2~3枚ご用意ください。
  • タオルは、フェイスタオル、バスタオル数枚をご用意いただき、使用後は速やかに新しいものと交換の上お持ち帰りください。
  • オムツは、病院の指定したものを使用しますので、指定のオムツをご購入ください。また、保管に関しても必要量以上の保管はできませんので、都度ご用意ください。
  • 洗面用具、入浴セット、ティッシュペーパー、湯のみ、フェイスタオル、バスタオル、履き物(できるだけ転びにくいかかとのあるもの)、肌着類、イヤホン等をお持ちください。

持ち物について

  • 寝具は病院にて用意しております。タオルケット、毛布、枕等を持参する際は看護師にご相談ください。
  • 病室には生活小型家電(電気カミソリ、ドライヤー、小型ラジオ、タブレット、ノート型パソコン等)以外の電気器具の持込はご遠慮ください。
  • 洗面用具、入浴セット、ティッシュペーパー、湯のみ、フェイスタオル、バスタオル、履き物(できるだけ靴タイプのもの、または、かかとが浮かないように後ろにバンドがあるもの)、肌着類、イヤホン等をお持ちください。
  • ナイフ、カッター、カミソリ、ハサミなどの刃物類及びライターの持ち込みはご遠慮ください。
  • 持ち物には必ずお名前を記載してください。

退院時の手続きについて

医師の指示のもと、看護師より退院日をお伝えします。当日は事務担当者が請求書と診療明細書をお持ちします。1階自動診療支払機または1階会計で医療費を支払っていただいた上で退院となります。退院処方がある場合は看護師よりお薬をお渡し致します。忘れ物の無いよう床頭台等をあらためてご確認ください。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498