消化器内視鏡センター

消化器内視鏡センター

消化器内視鏡センターの概要

 当院は平成21年に日本消化器内視鏡学会指導施設に認定されました。当センターに主に係わる消化器内科には、消化器内視鏡を専門とする医師が在籍しており、当センター専属の内視鏡スタッフを配置して検査・治療に当たっております。内視鏡スタッフには、日本消化器内視鏡学会認定の消化器内視鏡技師の資格を積極的に取得させ、内視鏡センタースタッフ全員の知識の底上げを図っております。平成25年度には大規模な改修工事を行い、患者様がこれまで以上に安心して検査を受けていただけるような前処置室・リカバリー室へと改装し、内視鏡検査も最大4室で行える体制になりました。

 日々のスクリーニング検査からハイビジョン内視鏡を使用し、消化管癌の診断・治療に現在では必要不可欠となっているNBI観察や拡大観察にも対応し、その他にも超音波内視鏡、シングルバルーン小腸内視鏡、小腸カプセル内視鏡、大腸カプセル内視鏡など、質の高い診断を提供できる体制を整えております。また、内視鏡室マネージメントシステムとしてオリンパス社製の「ソレミオ」を導入しており、使用した内視鏡の機種や洗浄消毒などの記録管理が行え、院内のどこからでも内視鏡のレポートや画像を参照できます。

 単に院内的な内視鏡検査・治療の機能を集中させただけでなく、名実ともに地域医療における内視鏡の「センター」としての役割を果たすべく、最新の内視鏡検査ユニットやスコープの新規導入および増設を行うように心がけております。


CT前室

内視鏡内科診察室

透視室

リカバリ室

内視鏡内科待合室

内視鏡内科待合室

苦痛の少ない内視鏡検査を受けていただくために

当院では、以下のシステムを完備し、痛くない、苦しくない内視鏡検査を目指しております。

  • 最新型のフルデジタル内視鏡システム
  • 炭酸ガス送気装置
    炭酸ガス送気法で検査後のお腹の張りを軽減します。(主に大腸カメラ時に使用)
  • 大腸CTコロノグラフィー検査
    大腸内に炭酸ガスを注入してCT撮影します。内視鏡検査(大腸カメラ)と比較すると苦痛が少なく3次元的に大腸を観察することができる検査方法です。
  • 大腸カメラを行う全ての患者様に点滴
    鎮静剤を使うことにより、スコープ挿入の苦痛が大幅に軽減されます。
  • 最新式の内視鏡消毒システム
    「過酢酸」と「超音波洗浄」を採用した最新の内視鏡システムで『高水準消毒』を実現。高い安全性を確保しております。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498