外科

外科

医師紹介

部長(科長)・化学療法センター長

井伊 貴幸(いい たかゆき)

医学博士
日本外科学会外科専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医

院長

山並 秀章(やまなみ ひであき)

医学博士
東北大学医学部学部臨床准教授
日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
日本がん治療認定機構・がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
日本環境感染学会推薦ICD制度協議会 ICD

副部長・救急センター長

菊地 大介(きくち だいすけ)

医学博士
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医

副部長

松田 泰史(まつだ やすふみ)

医学博士
日本外科学会外科専門医

主任医長

佐藤 純(さとう じゅん)

医学博士
日本外科学会外科専門医

後期研修医

福田 啓人(ふくだ けいと)

スタッフ紹介

 当科のスタッフ構成は東北大学からの常勤医師5名(院長:山並 秀章、科長:井伊 貴幸、菊地 大介、松田 泰史、佐藤 純)、定期出張医1名の計6名となっております。
 私たちの出身医局である東北大学第一外科(現在は肝胆膵外科・胃腸外科の2つの講座です)は元来消化器外科を中心に診療・研究してきた歴史があり、私たちも大学・関連病院を通じて消化管や肝胆膵の消化器外科の経験を積んできました。
 さらに消化器外科のみならず乳癌などについても全員が診療経験を持っています。

診療体制

 朝の回診では全員が患者様の元へ出向いて患者様の容態を確認し、たとえ主治医でなくとも患者様の治療状況を全員で確認したうえで自分の受け持ち以外の患者様に処置が必要な事態が生じても迅速に対応できるよう心がけています。

外科手術総数

詳しくはこちら
平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
食道手術 2 1 1 0 3 0 0 0
胃手術 26 39 38 22 36 34 46 43
うち腹腔鏡手術 5 13 10 6 15 11 30 20
結腸手術 52 64 64 60 67 90 61 85
うち腹腔鏡手術 23 30 32 35 48 63 54 59
直腸手術 17 30 26 25 33 46 37 37
うち腹腔鏡手術 7 12 11 16 21 28 30 27
胆嚢摘出術 106 134 114 133 126 148 129 134
うち腹腔鏡手術 103 120 109 125 118 148 127 132
胆道手術 2 1 1 3 5 5 6 4
肝切除 7 14 11 10 9 7 5 2
膵切除 13 12 8 18 9 6 13 11
虫垂切除 40 50 31 50 56 51 44 34
うち腹腔鏡手術 3 5 7 31 50 44 43 31
ヘルニア手術
(前方アプローチ他)
52 54 76 72 59 66 69 100
うち腹腔鏡手術 0 0 5 24 29 37 43 56
乳腺手術 9 12 8 10 7 10 9 14
その他 65 96 138 133 134 103 113 145
手術総数 391 507 516 536 544 566 565 609
うち腹腔鏡手術総数 147 184 185 250 292 342 330 341

手術

1.胃癌・大腸癌・乳癌・胆石・ヘルニア・虫垂炎等をはじめ、肝・胆・膵系悪性疾患に対しても行っています。
2.腹腔鏡下胃切除・大腸切除

早期癌のみならず、進行癌にも適応を広げ、より低侵襲の治療を目指しています。
後述するラパロハイビジョンシステムでより安全な手術を心がけています。
しかし、進行度によっては、適応とならない場合があります。

3.腹腔鏡下胆嚢摘出術

一般的な4つの穴を開けて行うものはもちろん、最近では1つの穴で行う単孔式手術も行っています。

4.肝切除・膵頭十二指腸切除

高難度手術(肝門部胆管癌手術や門脈合併切除)に対しては、大学から専門医の応援を呼び、施行しております。

5.クリニカルパス

腹腔鏡下胆嚢摘出術やソ径ヘルニア根治術、胃癌、大腸癌、乳癌の手術に関しては、クリニカルパスを用いて患者様が手術の内容を理解しやすくなるよう手助けし、安心して手術を受けられるように努めています。
現在、退院の目処は、腹腔鏡下胆嚢摘出術で術後3日、ソ径ヘルニア根治術で2~3日です。

6.最新のラパロハイビジョンシステムを導入しています。
7.乳癌検診

近年、乳癌の増加に伴って、乳癌検診の方法として乳腺のレントゲン撮影検査(マンモグラフィ)が導入されています。
当科では、毎週木曜日、金曜日午後に乳腺外科専門外来を開設しております。

8.化学療法

当院では専任の薬剤師と看護師による化学療法センターを設けており、手術のみならず、術後の患者様の抗がん剤治療においても、通院での治療を希望する患者様のニーズに合わせた治療を行っています。

9.専門医制度と連携したデータベース事業への参加について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の外科手術・治療情報データベース事業~日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供することを目指すプロジェクト~に参加しております。

最後に外科という分野は患者様に手術という侵襲を加えて治療することが前提です。
我々は外科医として特別なことを行うわけではありませんが、「安全かつ確実に」をモットーに患者様の希望をかなえられるように努力していきたいと考えています。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498