胆膵内視鏡検査

消化器内視鏡センターのご案内

胆膵内視鏡検査

胆嚢、胆管、膵臓の病気を診断するために、口から内視鏡を挿入して行う検査です。病変の部位、種類、黄疸の状態などにより、様々な検査および処置法があります。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

胆嚢、胆管、膵臓の病気を診断するために、口から十二指腸へ専用の内視鏡を入れ、胆管および膵管の出口(ファーター乳頭)から胆管や膵管の中に細いチューブを挿入して造影剤を注入し、レントゲン撮影を行う検査です。胆道が閉塞しておこる閉塞性黄疸や総胆管結石に対する治療として、内視鏡下に電気メスでファーター乳頭開口部を切開する方法(内視鏡的乳頭括約筋切開術/EST)や、内視鏡下に風船(バルーン)を使用してファーター乳頭開口部を拡張する方法(内視鏡的乳頭バルーン拡張術/EPBD)などがあります。その他関連手技として、内視鏡的胆道ドレナージ(EBD)および膵管ドレナージ、また超音波内視鏡を用いての各種ドレナージ術などもあり、その手技は多岐にわたります。

超音波内視鏡検査(EUS)

先端に超音波プローブがついた内視鏡を口から胃・十二指腸に挿入し、胆嚢、胆管、膵臓を観察します。体外式の超音波検査ではよく観察できない場所や、病変のより鮮明な画像を得るために行います。EUS下で腫瘍などに直接針を刺して組織の一部を取ってきたり(EUS-FNA)、細径超音波プローブを胆管内や膵管内に直接挿入して行う管腔内超音波検査(IDUS)などもあります。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498