上部消化管内視鏡検査

消化器内視鏡センターのご案内

上部消化管内視鏡検査

いわゆる「胃カメラ」です。口もしくは鼻から内視鏡を挿入し、上部消化管(食道・胃・二指腸)を観察します。一般検査と特殊検査・治療に分かれます。

一般検査

炎症、潰瘍、ポリープ、腫瘍などを診断するために行い、場合によってはピロリ菌感染の検索や組織検査(顕微鏡で細胞を確認する)のために粘膜の一部を採取することがあります。

特殊検査・治療

内視鏡的止血術

潰瘍などの出血性病変に対して、適切な処置具を用いて止血処置(クリップによる機械的止血、高周波 電流による熱凝固など)を行う方法です。肝硬変などに伴う門脈圧亢進症の重篤な合併症の一つである食道・胃静脈瘤に対しても、静脈瘤破裂に対する緊急止血や静脈瘤破裂の予防として、内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)や内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)などを行っています。

内視鏡的切除

内視鏡を用いてポリープや癌を切除する方法です。内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの方法があります。

超音波内視鏡検査(EUS)

内視鏡先端に超音波プローブが付いた専用機と、内視鏡の鉗子孔から挿入して使用する細径プローブに分けられ、消化管の中から超音波検査を行う方法です。癌の浸潤の深さの程度や粘膜下腫瘍の内部性状を評価するときなどに行います。超音波内視鏡を用いて腫瘍へ直接針を刺して、組織の一部を取ってくることもあります(EUS-FNA)。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498