薬局

薬局

 医療チームの一員として、専門知識に基づき適切で安全な薬物療法の提供に努めています。患者さん一人ひとりに寄り添い、安心して服薬できるようお手伝いさせていだたきます。

主な業務内容

  • 調剤

薬の投与量や飲み合わせ、患者さんの症状や検査データなどを基に、疑問点があれば医師に確認して調剤を行います。錠剤が飲み込みにくい患者さんに対しては、薬を砕く(粉砕する)ことで効果の減弱や、副作用が出やすくならないかなどを調べて調剤しています。

  • 内服薬配薬カートセット・注射個人セット

入院患者さんの薬は、個別に取り揃えて払い出しを行います。

  • 持参薬鑑別、調剤、管理

当院に入院された際には、いつも服用されている薬をお持ちいただき、薬剤師が薬品名・飲み方・残数を主治医に報告しています。入院後の服用については医師の判断となりますが、お預かりした薬は薬局にて管理しています。


  • 抗がん剤無菌調整

外来・入院患者さんへ投与される抗がん剤は、薬剤師が安全キャビネットを用いて無菌的に調整を行っています。抗がん剤はすべて治療計画(レジメン)で定めており、患者さんが安心して治療を行っていただける体制を整えています。


  • 服薬指導

薬剤師が担当病棟を持ち、おもに入院患者さんへの服薬指導を行っております。薬の作用や副作用、飲み合わせなどを説明いたします。服用されている薬のことを正しく理解していただき、治療が順調に進むよう情報提供させていただきます。


  • 病棟カンファレンス等への参加
  • 他職種連携カンファレンスへの参加(ICT・NST・褥瘡回診など)

チーム医療の一員として、薬学的視点からより安全で質の高い医療を提供する役割を担っています。

  • 薬学生実務実習受入施設としての取り組み

当院では薬学生実務実習の受入れを行っております。実際の業務体験を通して病院薬剤師の役割と知識を習得できるようプログラムに沿って学習していただきます。「薬剤師になる」という目標を叶えられるよう学生と一緒に取り組んでいます。

PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498