看護部の概要

看護部のご紹介

看護部の概要

看護部の理念
患者さまの尊厳を大切にし、
質の高い看護を提供します。
看護部では、各部所・委員会は理念に基づき、
より良い看護を患者さまに提供できるよう前向きに取り組んでいます。
看護部の基本方針
  1. 個人の人格と権利を尊重し、患者中心の看護を提供します。
  2. 専門職業人として自立し、自己研鑽に努め、成長し続ける人材の育成に努めます。
  3. チーム医療を推進し、変革する医療に柔軟に対応します。
2019年度看護部目標
  1. 患者さんが安心し病院でも地域でもその人らしい暮らしが継続できる様、早期の入院支援・退院支援を行う。
  2. 医療チームの一員として多職種と連携を図りチーム医療を推進する。
  3. 看護専門職として、がんの専門分野を中心に倫理観と専門性を主体的に学び、看護実践に活かす。
  4. 病院機能評価更新に向け『あるべき姿』を明確にするとともに、継続して現状分析と業務の改善を行う。
  5. 病院の経営方針に基づき、各部署が目標を達成し、病院経営に参画する。
看護提供体制

帯広第一病院看護部はPNS®(パートナーシップ・ナーシング・システム®)で看護を実践しています。

PNS®(パートナーシップ・ナーシング・システム®)とは

看護師が安全で質の高い看護を共に提供することを目的に、互いが良きパートナーとして、対等な立場で、互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合って、その成果と責任を共有する看護提供方式です。
当院では、安全で質の高い看護を提供することを目的に、福井大学医学部附属病院が開発したパートナーシップ・ナーシング・システム®を導入しました。

看護部組織図

看護部委員会活動

  • 教育委員会
    教育委員会では看護師スタッフの教育研修を計画します。「看護職員個々の能力の開発と資質の向上に努め、患者様により良い看護を提供する」という目的のもと、ラダーや役割別に研修の年間計画を立て、サポートします。研修手法は講義形式のみならず、積極的にアクティブ・ラーニングを取り入れ、シミュレーション教育を行っています。
  • 看護過程記録委員会
    本委員会は、新人看護師研修による看護記録の指導をはじめとした看護過程や看護記録の充実・質の向上を図るための教育を中心に活動しています。
  • 看護手順委員会
    看護手順委員会は、看護手順を定期的に見直し、必要な手順の新規作成や修正を行っています。看護手順は院内HPから閲覧できるシステムが確立されており、いつでもどこでも活用することができます。看護手順を活用した看護の標準化により、質の高い看護サービスの提供を目指します。
  • 看護必要度委員会
    本委員会は、重症度、医療・看護必要度に関する正しい理解と評価ができるようにテストと監査を中心に活動しています。また、看護師、リハビリテーション技士、薬剤師を対象とした研修を行い、正しい評価につなげています。
  • 褥瘡対策委員会
    褥創対策委員会では、入院患者様の褥瘡リスクアセスメントを行い必要なケアの提案や、褥創を有する患者様の経過やケア内容の検討を行っています。また、1回/週褥創回診を行い、多職種協働のチーム医療を目指しております。
  • 認知症ケア対策委員会
    本委員会は、認知症対応力を向上し、より良い看護を提供するための看護職への教育を中心に活動しています。事例検討やグループワークによる研修会を開催しています。
  • 身体抑制検討委員会
    患者様の尊厳と安全を守り医療上必要な最小限の抑制に留められるよう、抑制を解除できた事例の共有やカンファレンスのあり方の検討などを行っております。
その他、院内の委員会活動も看護部は頑張っています
  • 医療安全管理対策委員会
  • 院内感染対策委員会
  • 褥瘡対策委員会
  • NST委員会
  • 診療録管理委員会
  • 患者サポート委員会
  • 化学療法管理委員会
  • ベッドコントロール会議
PAGETOP
Copyright 公益財団法人 北海道医療団 All Rights Reserved.
法人番号4 4601 0500 0498